ゴマ家誌
FC2カウンター



プロフィール

ゴマ

Author:ゴマ
空手を息子が始めたのが
キッカケとなり私と娘も
空手を習う。

三十代後半からの空手
言う事を聞かない体に
悪戦苦闘。

いつか息子、娘と親子型を
やるのが夢



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初団体稽古
昨日の空手稽古に途中参加すると、型稽古の終盤で団体型の稽古をしだした。

ついた早々の私に団体型やる?と聞かれたがウォーミングアップもしていないし団体型の稽古不足なので今日はやめると伝え、そして団体型は燕飛をやる事を伝えると道場生達から笑いがおこった。
何故 笑う。




さて稽古後、子供達と残り団体型の稽古。

最初、いきなり3人で合わせてみたが全くバラバラ。難しさを実感する。焦る~


しかし、合わせる前に一人ひとりの燕飛完成度をあげなくては!

で、一人ずつ演武し 見ていた二人が必ず一つダメだしをする。

息子はパパにだめ出しするのが悪いと思ってか「え~わからん。」とか「ない。」とか言うけどそれはダメ!何でもいいからダメだしをさせる。

今はわかりやすいダメな所を言うようにしているが、そのうち良い所を見つけるなど見る力。見抜く力。気付く力がつくといいなぁ~。


そして、団体型で挨拶や型名を呼ぶ指揮は息子にした。
声が小さく、ナヨナヨした息子には相当な負担だと思う。でもこれを機会に何か変わって欲しい。


ハッキリ言って下手くそな家族が「燕飛」なんて無謀かもしれない。全国大会に出るなんて図々しいかもしれない。(それが稽古中の笑いなんだろうね。)


子供達にも言ってるが勝つ事が目標じゃない。でも後悔したくないから今よりもっともっと上達しよう。大会で審判員も見ている人も上達の度合いなんてわからないから笑われるかもしれないけど自分達が後悔しなければそれでいい。

パパの夢に付き合わされて、辛い思いをさせちゃうけど頑張ろう!!

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://smile39goma.blog100.fc2.com/tb.php/810-cdff400c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。