ゴマ家誌
FC2カウンター



プロフィール

ゴマ

Author:ゴマ
空手を息子が始めたのが
キッカケとなり私と娘も
空手を習う。

三十代後半からの空手
言う事を聞かない体に
悪戦苦闘。

いつか息子、娘と親子型を
やるのが夢



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

審判
火曜日の空手稽古。

型の稽古が終わりしばし休憩に入るとK先生が近づいてきた。

K先生
「ゴマさん。審判講習の前にすこし組手の審判の説明するね。」

そういって組手の審判で必要な言葉とかジェスチャーを教えてもらった。



そこで、始めて知った。
うちの会派では有効は無いんでだぁ。

自由組手 一本勝負
技ありと一本のみ。(技あり2回で合わせ1本)


休憩が終わり組手の稽古。
約束組手が終わると自由組手の稽古をはじめようとして

K先生
「ゴマさん。審判やってみようか!」

ゴマ
「押忍。」


3試合ほど審判をやってみたが練習とはいえ、初めてで緊張。
なんか、あまり覚えていない。あたふた、オロオロしていたのは覚えている。


K先生
「審判講習の時は堂々と大きな声でやればいいよ。初めてなんだから間違えて当然。一杯間違えて一杯教えてもらえばいいよ。」

突きが入った。浅い。抜けてる。腰が入っていない。この辺の感覚がまだまだ分からないけど一通りの流れを早く覚えよう。


普段の自由組手の試合形式稽古が効率よく、沢山の子供が稽古できるからね。


でも、大会等の審判はやりたくなぃ~。
責任重いよぉ~。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://smile39goma.blog100.fc2.com/tb.php/804-7a99fdd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。